ネバーランド
ネバーランド

コラム

日々想うことなどをお届けします。

インド料理と中国茶

2019/10/24
今週のランチ&カフェ、まずは街中ジョージタウンのインド料理屋さんへ。ここには以前一度だけ夕食で訪れたことあり。今回はランチセット頼んでみました。写真のchapti setチャプティセットは8R 210円ほど。連れ合いのランチセットはチャプティではなくてライスが付いて同じお値段。スープと飲み物頼んでのインドランチ。辛いのが食べられない私は半分ほどでギブアップでしたが、インド飯は相変わらず好きです。残りは連れ合いの胃袋へ。

インドランチのあとは、インド人街に近いカフェ、というか「静思書軒」中国茶を出してくれる書店&雑貨屋さん。間口も奥行きも広くて静かで清潔。靴を脱いで、玄関にある袋に入れて室内に入ります。綺麗な中国服を着たスタッフの方たちがゆっくり働いていて、中国茶に疎い私たちが注文を迷って烏龍茶について聞いたら、「ポットひとつでコッブを二つにしましょう」と教えて下さいました。香りの良いお茶を頂いたり、お店の中のグッズを眺めたり。他のお客さんお二人は、仕事をしているか読書していて、静かな心洗われる環境です。メニューにお値段書いていなかってので、帰る時に「烏龍茶かいくら?」と聞いたところ、5R 120円ほどでした。東京でもモノの値段が分からなくなってますが、ペナンでも然り。お手頃価格で、気に入ったものを見つけると、何とも嬉しいです。
クリックで拡大画像をご覧いただけます。
このページの上へ